キャリア樽の最近のブログ記事


行楽シーズンが始まった。
景気の後退や省エネムードのせいか,

この頃は近場の行楽地への電車はなんだかいつも満席状態。

先日も行楽地からの帰りのチケットをやっとの思いでゲットして
乗り込んだのはいいが、運悪く小さな子供連れの家族に囲まれてしまった。
終点の東京まで爆睡しようと思っていたのが、あてはずれ。
子供たちの泣き声、騒ぐ声に邪魔され通しで、
堪忍袋が切れそうになり、おばさんは怒ったよ
「こら、静かにしなさい」と言おうと思った矢先に、
「何やってんの、静かにしなさぁぁーい。ほかのお客さんおこられるよぅぅー」
と子供たちより大きなお母さんのどなり声。

「えええー、このっ、あなたの声のほうが迷惑なんですが、おかあさん。」
さすが、お母さんを注意するわけにもいかず、
また、せっかくの家族での楽しい思い出をぶち壊してもと、ここは菩薩の心で。

それにしてもやっぱり、これって、基本的なマナーですよね。
近ごろはどこにいっても「このっ」が出てしまう。年かなぁ。

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

久々にデパートのランジェリー売り場に足を運んだ。
薄着になる季節に合わせて、
「たるんだ肉が外に響かない矯正下着などないかしら」、
という軽い気持ちで出かけたのだが、売り場に入るなり、そこはお花畑。
あまりの美しさに目を奪われた。

40代位の店員さんに声をかけ、用件をいうと、
ベテランらしいふるまいで、いくつかの商品を揃えてくれた。
私用にはお花畑とは全く無縁の色と形が並んだ。寂しい。

試着をしていると、かの店員さんが手伝いに入ってきて一言、
「寄せられるものはすべてバストとお考えください」
「なに、寄せられるもの。そうそう、背中の肉も、
おなかの肉もすべて横から、下からと上に寄せられる。」
「ったく、このって感じで、言い当てているのがなんとも悔しい」

[このっ、このっ、このっ、]と心の中で繰り返しながら、
寄せられるものなんて山ほど持っているもんねーと開き直って、
満開のお花畑を後にした。

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

20歳まではゆっくり過ぎていた時間が今は秒速で過ぎていく。
2007年の11月に新しいスキンケアブランドLENAJAPON(レナジャポン)を立ち上げて
丸4年があっという間に過ぎ、今年5年目の春を迎える。
 
あといくつ寝ると還暦かなと思っていたら、それも過ぎた。
つい最近、還暦を迎えた大物歌手が「今から新しい一歩」と宣言し、
小説まで出版してしまった。
84歳になるバリバリのビジネスマンの先輩とゴルフをすれば、
私より飛ばし「若いの、飛ばねえな」とおっしゃる。
 
40の時は50になれば立派な大人扱いされると思っていたのだが、
60になっても「若い、若い」といわれる。
 
まったく、「このっ、まだ若造扱いですか。きっついなぁ」
体力、知力ともに立派に中年坂を越えたのに、
人間としてできていないって言われているみたいだね。
長寿社会じゃ、40,50は鼻たれ小僧、60だってひよっこです。ああ、実感。
 

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

毎回10人ほどで開催するレナジャポンの「スキンケアサロン」はもうすっかりお馴染みになり、たくさんの方に正しい洗顔、保湿の方法を覚えていただくだけでなく、肌力の凄さを実感していただいていますが、最近になって、キャリアサロンを開催してほしいという声をいただくようになりました。キャリアウーマンとして生きて36年。大したことは経験していませんが、それでも年の功はあるかもしれませんね。そこで、今月、なんと、「蟹瀬令子の生きかた塾」をスタートさせることになりました。第一回目の詳細は以下。 

 

「カンタンにきれいになりたいから、レナジャポンを作りました」

そんな蟹瀬令子が、スキンケアにお金も時間をかけられない子育て時代、

寝る暇もなく多忙なキャリア時代に実践していた「こころが豊かになれる生きかた」。無理なく無駄なく納得の、シンプルな知恵をこっそり教えます。

お友達とお誘い合わせの上、遊びにいらしてくださいね。

 

【日時】

20111128日(月)19002030

 

【場所】

レナ・ジャポン・インスティチュート株式会社

107-0052

東京都港区赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー6F

http://www.moriliving.com/ja/residence/common/doc/accessmap_arkhillsfronttower.pdf


・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」より徒歩4
・東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」より徒歩4
・東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩7
・都営バス都01系統「赤坂アークヒルズ前」より徒歩1

【定員】

12

ご希望の方の人数により変更の可能性有り

 

【テーマ】

・キャリアウーマンの時短術(①ワードローブ)~お気に入りは2色買いのワケ~


【内容】
蟹瀬令子 生きかたトーク&ディスカッション50分
蟹瀬のプロフィールはこちらhttp://www.lenajapon.com/about_index

みんなでおちゃっと。(お茶をのみながら、ワイワイおしゃべり)40分    

 

【参加費】

2000

http://www.lenajapon.com/reikoikikata
この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

スッピン力で就活に勝つ

2011/03/08 18:06

カテゴリー:

就活中の学生さんにどうしたら、面接がうまくいくかと聞かれた。

自分ブランドで勝負するんですね。と答えたら、

自分ブランドって何ですか。と聞かれた。ちょっとは頭で考えようね。

 

自分ブランドとは、スッピンの自分で勝負に臨むこと。

どんなに化粧をしていても、その下に元気な素肌が見え隠れすると魅力を感じるものです。

面接官はいつもあなたのスッピンの姿を見つけようとする。

それが魅力的であればあるほど、この子に仕事をまかせてみよう、と思うものです。

 

スッピン力、それを磨いておくこと。

若さ、それを大事にすること。

 

もちろん若い素肌の手入れも大切。面接前に素肌のお手入れを。

レナジャポンのスターターセットなら、

10日間で、ぴかぴかしっとりの素敵なお肌が手に入れられます。

 

保湿たっぷりのシャンプーを使えば、髪も元気につるつるに。

 

あなたのぴかぴかお肌とつるつるヘア、そして、思いっきりの笑顔がそろえば、

面接突破間違いなし。新しい世界におもいっきり飛び込んでくださいね。

 

レナジャポンはチャレンジするエネルギッシュなスッピンを応援しています。

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

プロフィール

蟹瀬 令子

かにせ れいこ

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

カテゴリ