今、きれいでいたい人のための深呼吸洗顔

2014/04/17 08:08

カテゴリー:

順天堂大学のK教授とご一緒したとき、とても面白いお話を伺いました。

  「自律神経のバランスを保つコツは、
  副交感神経から交感神経に移行するとき
  とてもゆっくりとその移行をおこなうこと」というのです。

  確かに、朝起きぬけのまだ副交感神経が働いているときに
  あせって何かやろうとしてもうまくいかない。
  逆に疲れて夜すぐに眠りにつこうとしても
  日中の興奮がさめやらない間は眠りにつけない。

  こんな朝夕に有効なのが、レナジャポンおすすめの「深呼吸洗顔」

  「ゆっくりと泡を立て、もっちり泡で、肌をいつくしむように
  優しく時間をかけて顔を洗う。
  そして、ちょっと温かめのお湯で10回以上柔らかく泡を洗い落とす」

  それはまるで大きく深呼吸するような感じです。
  太極拳にも似た動きの洗顔。
  この時間が副交感神経と交感神経のチェンジに一役買います。
  ああ、気持ちよかったという気分、それが大切なのですね。

  ちょっとしたことですが、
  毎日洗顔のとき、「深呼吸」してみてください。
  驚くほど、肌だけでなく心まで調子よくなりますよ。


この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。

http://blog.lenajapon.com/mt/mt-tb.cgi/153

コメントする

プロフィール

蟹瀬 令子

かにせ れいこ

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。