愛してほしいという声をうけとめて。

2014/03/08 22:10

カテゴリー:

子供時代は親の世界で暮らしています。
親が子供の声を受け止めて、一生懸命愛を注いでくれた子供は、
人を愛し、敬うことを覚えます。

一番そばにいて、一番愛してほしいと思いっている親に、暴力を振るわれ、
無視された子供は、自分の存在を否定し、愛することを知らずに育ちます。

そんなきずついた子供たちを救うために世界のあちこちで活動が始まっています。
昨夜銀座で開催されたリヤドロの小さなチャリティナイトもそのひとつでした。

ウールーチンさんが胡弓を奏で、参加者は小さな商品を買って売り上げに貢献し、DVで傷ついた子供たちの心の回復を助けようとする試みです。小さくても誰かがどこかで支援活動を行うこと。継続こそ力です。

リヤドロ写真.jpg

主旨に賛同して、
犬に守られている子供の作品を購入しました。

子供時代にいろいろな人からたくさんの愛を受けて育った子供は幸せです。
そんな子供が日本中に、世界中にあふれますように。
子供は地球の財産ですから。



この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。

http://blog.lenajapon.com/mt/mt-tb.cgi/151

コメントする

プロフィール

蟹瀬 令子

かにせ れいこ

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。