浴びるようにつける。

2013/10/17 10:10

カテゴリー:

「浴びるようにつける」と美容化粧液のつけ方の表現について、
「浴びるように」とはどういうことですか、という質問を受けました。

洗顔直後の美容化粧液のつけ方は千差万別。
ちゃんとつけているようで結構つける量が足りない方が多いんですネ。
だから、意識的に「浴びるように」なんです。

お肌は植物に似ています。
植物は水分が過不足なければ、瑞々しい緑の葉とたおやかな花を咲かせますが、
不足した瞬間にカサカサの表情に変わります。

植物に水をやるように、お肌の状態にあわせて保湿をする。
たとえば、今。
秋風や乾燥でバリバリの時は、
それこそ、美容化粧液をお肌がほしがるだけしっかりと与える。
これが「浴びるように」の感覚です。

いつも同じ量ではなく、お肌の状態にあわせて、美容化粧液を何度もつける。
それがいつもご機嫌なお肌をキープする一番のコツです。

いつもしっとり。
それは洗顔直後の美容化粧液のつけ方で変わります。
この季節こそ、ぜひ「浴びるように」。


この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。

http://blog.lenajapon.com/mt/mt-tb.cgi/142

コメントする

プロフィール

蟹瀬 令子

かにせ れいこ

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。