2013年3月アーカイブ


「まだ肌寒いから大丈夫」と思っていても、

紫外線量は確実に増え続けています。

紫外線の怖さは、ズバリ、肌の老化を早めること。

メラニン色素をつくりだして、シミの原因をつくったり

肌の弾力を保つコラーゲンを傷つけ、シワやたるみを引き起こしたり。

 

それは髪や地肌も同じこと。

地肌の老化によって抜け毛や切れ毛、パサつきの原因をつくります。

特に紫外線によって乾燥が進んだ頭皮は、抜け毛をさらに増やしてしまうことも。

だからこそ、肌と同じような適切なスキンケアが必要なのです。

 

日傘や帽子の出番を早めるのはもちろんのこと、

保湿効果のあるシャンプーで

日頃から地肌や髪の水分バランスを整えておきましょう。

要は「乾燥させない」ことが肝心。

早めの対策で、5年後、10年後の髪が大きく変わってきますよ
この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

絶品、みそ汁の作り方。

2013/03/24 12:12

カテゴリー:

決して、メーカーの回し者ではないが

これさえあれば、絶品の味噌汁ができるというダシと材料がある。

それは「福岡茅の舎のだしと玉ねぎ」

p1.jpg

博多育ちの我が家の味噌汁は

味噌は熟成麦みそ、

そしてダシは焼あごと決まっている。

焼きあごがはいったダシは臭みもなく、しっかりしていてそれでいてまろやか。

しかも一回使い切りの個包なので、水を張った鍋に放りこんでおけばいい。

一緒に煮るのは薄切りの玉ねぎ。

玉ねぎの甘さでさらに旨みを足すのが狙いだ。

そのあとの具は季節に合わせて好きなものを。

豆腐、わかめ、ニンジン、大根、サトイモ、

ジャガイモ、もやし、麩、などなど。

最後に麦みそをいれ、たっぷりの博多ねぎをのせれば、料亭の味噌汁のような一品ができあがる。

「この味噌汁さえあればご飯が食べられる」ともう成人してしまった子供たちは小さい頃言っていた。

日本人の原点である、味噌汁は健康づくりの原点でもある。

原点帰りが茅の舎のおかげで簡単になった。

 

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

泡立て、足りてますか?

2013/03/24 09:09

カテゴリー:


シャンプーで大切なのは、まず手の平で軽く泡立てること。

めんどうだけど、これが一番重要なことです。

 

洗顔と同じで、泡の量が少ないと髪が摩擦を起こし、

キューティクルがはがれて傷みの原因になるのです。

頭皮に負担をかけずに毛穴の汚れを落とすためにも

泡立てはとっても大切。

 

しっかり洗ったら、すすぎも十分にしてください。

すすぎ残しは地肌が荒れるもと。

地肌にかゆみがある人は、

すすぎ不足が原因の場合があります。

 

もういいかな?

と思ってから、もう一回洗い流すくらいがちょうどいいすすぎの目安。

 

正しいシャンプーを毎日実践することで、

ヘアサロンで洗ったような元気な髪がずっと続きます。

 

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)


髪と地肌を健康に保つ絶対条件は、

「きちんと汚れを落とす」こと。

肌と同じで、それが地肌のトラブルを防ぐ一番の近道です。

 

「地肌がかゆい」

「においが気になる」

「髪にふんわり感がない」

「髪がべたつく」

 

そんな悩みのほとんどが、地肌をきちんと洗えていないことが原因。

いつもより30秒長めの「プレーンリンス」で解消しましょう。

 

プレーンリンスとは、シャンプー前にお湯で髪と地肌を洗うこと。

これで汚れの8割は洗い流せます。

ポイントは、地肌にシャワーを当てながら

シャワーヘッドをこまかくゆするように動かすことです。

 

プレーンリンスがしっかりできれば、

シャンプーの泡立ちがはっきり変わります。

ホイップクリームのような泡が髪を守るクッションとなりながら

地肌のすみずみまで行きわたり、汚れをしっかり落とします。

 

さあ、今晩からプレーンリンス。

汚れがすっきり落ちると、地肌にすーっと風が通る感じがしますよ。


この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

 

同じシャンプーを長く愛用してトラブルがないと

安心してしまい、ついほかのシャンプーに浮気してしまうこと、

ありますよね?

 

ところが、シャンプーを変えた途端に

髪のまとまりが悪くなったり、パサパサしはじめたり。

それで、あらためて「いつものシャンプー」のありがたさがわかる、みたいな。

きっと、最初に使ったときの劇的な変化を忘れてしまうんですよね。

 

たしかに使い続けていると、

感動的な使用感や実感としての効果は薄れていくかもしれません。

けれども、自分に合ったシャンプーを使い続けることで

髪と地肌が健康的な状態を保ち、

結果として最上の効果が出ているのです。

 

トラブルがないシャンプーは、あなたにとって最高のシャンプー。

レナジャポンのモイストシャンプーが

そんな最高のシャンプーになれれば幸せです。

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)


スキンケアを正しく実践できれば、

一週間で肌の変化は実感できると言われています。

なぜなら、肌は一週間で角質の約半分が入れ替わるからです。

 

最初の変化は、

「なんとなく肌がしっとりしている」

「お化粧ののりがいつもと違う」

といったもの。

 

それは古い角質が肌表面からはがれ落ちて、

保湿が浸透しやすい肌になっている証拠。

 

反対に、手応えが感じられないとしたら、

顔の洗い方が足りないか、化粧品の使用量が足りないか、

そのどちらかが大きな原因といえます。

 

言い換えれば、しっかり洗って、たっぷり使えば、

肌は一週間で応えてくれるのです。

 

レナジャポンは、ダブル洗顔+ダブル保湿をおすすめしています。

2回の洗顔と美容化粧液を2回づけするだけで、

透明感ある健康的な素肌づくりは可能になるのです。

 

贅沢に手抜きするスキンケアで、あなたも肌の変化を感じてみませんか?


 

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)


肌を焼かない心がけはカンタン。

今からたった2つのことを守っておけば、

夏の日光を浴びても白肌を守ることができます。

 

それは、「保湿」と「塗り直し」。

 

もったいないから化粧水の使用量は控えめに・・・

なんて思っていませんか?

お肌を干物状態にしてしまったら、紫外線の思うつぼ。

肌表面の水分を奪われないように、しっかり水分で満たしておくこと、

浴びるように保湿をして、生魚のごとく焼けにくい肌にしておくことが大切です。

 

そして、日焼け止め液をこまめに塗り直すこと。

SPFの数字はUVカットの強さではなく、紫外線から肌を守る時間の長さ。

適量を何度か塗り直すことで、1日中肌を保護してくれるのです。

 

今からできる素肌美人へのワンステップ。

ぜひお試しくださいね!

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)


「肌のくすみ、何とかしたい!」と、

美白化粧品を一生懸命塗っている人、いませんか?

 

古い角質がはがれ落ちず、肌表面に残ったままの状態が続くと、

どんどん角質が厚くなり、灰色がかって見えることがあります。

ターンオーバーが低下したときによく見られるくすみがそれ。

 

ダブル洗顔で、透明肌を取り戻しましょう。

 

ダブル洗顔のメリットは、1回目に皮脂や汚れをさっと落とし、

2回目で古い角質まできれいに落とせること。

特に2回目は、1回目よりクリーミーな泡をつくるのがポイントです。

 

そして、洗顔するときは力を抜くことをおすすめします。

ターンオーバーを正常化させるためにも、

できるだけ力を抜いて、卵を洗うようにやさしく洗うのが◎

 

洗い上がりの顔が、肌がひと皮むけたようにワントーン明るく見えていれば、

ちゃんと洗えている証拠です。

 

ただしご注意。

メイク(油分)は専用クレンジングで落としてから、石鹸でダブル洗顔してくださいね。

 

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

私が愛してやまない商品小話。


「LJモイストバー」は、封を開けると表面に透明感があって、

泡立てる前からしっとりした感触の不思議な石鹸。

 

実は、その「しっとり」こそ、美肌成分そのもの。

保湿力の高い「クインスシードエキス」をベースに

肌に弾力を与える、美果実エキス「ハス胚芽」、

フルーツ酸の「シャルドネエキス」など、

肌の水分バランスとターンオーバーサイクルを整えてくれる

保湿力の高い植物由来のエキスを厳選しています。

 

しかし、それだけではあのしっとり感は生まれません。

それらの天然成分を壊さないよう、加熱を避けたコールドプロセス製法を選択し

湿度がほぼ一定に保たれた乾燥室で約90日間乾燥・熟成させ、

ようやく高品質の、肌にやさしい「しっとり石鹸」ができ上がるのです。

 

そんな石鹸だから、小さく、薄く、紙石鹸のようになっても使用感は変わらず、

最後の最後までしっかり濃密な泡が立つ。


あとは、使うあなたが、その泡でやさしく肌をなでてあげればいいのです。

 

※小さくなった「LJモイストバー」は、次の「LJモイストバー」にくっつけてお使いいただけます。


好評につき入荷待ちをしておりましたLJモイストバー、3月19日入荷決定。

3月1日より特典付き先行予約スタートします。この機会をお見逃しなくね。


この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

プロフィール

蟹瀬 令子

かにせ れいこ

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。