2011年11月アーカイブ

【JINS Golf】ゴルフ専用サングラス

SG-11N-900190

突然サングラスが出てきましたが、宣伝でなく、感想です。

先日夫の友人たち10人ほどとゴルフをしたのですが、紅一点の私は緊張しまくり。

なかにクラブチャンピオンの方がいらして、なんと、この方が私の最初の師匠でもあり、「何年たってもうまくならないねー」と言われたら大変、と別の緊張もついてきたわけです。男性たちは100切りは当たり前だのクラッカー 。(このダジャレが分かる世代が集まっていたのですよ、フフフ。)遅れをとらじと頑張る一日になったのです。といっても私はまぐれの90をお正月に一回出しただけで、それ以来さっぱり。上達という言葉と縁がないゴルフライフでした。

 

で、ゴルフのスコアが良くなるのなら、どんな道具も欲しいと思うのがアマチュアゴルファーの常。夫、蟹瀬誠一が雑誌の広告の仕事で出会ったゴルフ専用のサングラス、JINS GOLFを私もゲットしました。

芝目がよく見えてパットが決まる、なんて宣伝文句につられて当日、サングラス頼みのパットを したところ、これが、決まる決まる。2パットの連続です。なかにはバーディーの1パットなんてのが出て、まるで、自分の分身がきたみたいでした。ははは。

スコアは初めておまけなしの97。なんだとおっしゃるかたもいらっしゃるでしょうが、私にとっては凄い成績です。

天気がよかったので、サングラスをかけるとグリーンが本当によく見えて、おまけに集中力も増した感じでした。ラインがいつもより読めて、その通りパットするとスコーンとはいったりするんです。「私って、ちょっと凄くない?」なんて思える一瞬もありました。本当にサングラスのおかげです。

ということで、芝目がよく見えるわけをHPから拝借して、ご紹介。

まわし者ではありません。

明後日またゴルフにいきます。もし、スコアが悪かったら、それは腕の問題ですね。また報告します。

お楽しみに。

 

<JINSのHPより。>

芝目もわずかな傾斜もはっきり見える。

ゴルフ専用Greenレンズを採用。グリーンの起伏や傾斜、芝の状態を見えやすくしています。また、ゴルフというスポーツの特性を考えた、6カーブのレンズなので、眼を覆いながらもクリアな視界を確保しています。透過率29%と濃色なので、眩しさを抑える効果もあります。
※見え方には個人差があります


Greenレンズのスペック緑色を抑えて他の色味を際立たせることにより、濃淡が見えやすくなり、それによりグリーン上の窪みや凹凸、芝目が見えやすくなります

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

毎回10人ほどで開催するレナジャポンの「スキンケアサロン」はもうすっかりお馴染みになり、たくさんの方に正しい洗顔、保湿の方法を覚えていただくだけでなく、肌力の凄さを実感していただいていますが、最近になって、キャリアサロンを開催してほしいという声をいただくようになりました。キャリアウーマンとして生きて36年。大したことは経験していませんが、それでも年の功はあるかもしれませんね。そこで、今月、なんと、「蟹瀬令子の生きかた塾」をスタートさせることになりました。第一回目の詳細は以下。 

 

「カンタンにきれいになりたいから、レナジャポンを作りました」

そんな蟹瀬令子が、スキンケアにお金も時間をかけられない子育て時代、

寝る暇もなく多忙なキャリア時代に実践していた「こころが豊かになれる生きかた」。無理なく無駄なく納得の、シンプルな知恵をこっそり教えます。

お友達とお誘い合わせの上、遊びにいらしてくださいね。

 

【日時】

20111128日(月)19002030

 

【場所】

レナ・ジャポン・インスティチュート株式会社

107-0052

東京都港区赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー6F

http://www.moriliving.com/ja/residence/common/doc/accessmap_arkhillsfronttower.pdf


・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」より徒歩4
・東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」より徒歩4
・東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩7
・都営バス都01系統「赤坂アークヒルズ前」より徒歩1

【定員】

12

ご希望の方の人数により変更の可能性有り

 

【テーマ】

・キャリアウーマンの時短術(①ワードローブ)~お気に入りは2色買いのワケ~


【内容】
蟹瀬令子 生きかたトーク&ディスカッション50分
蟹瀬のプロフィールはこちらhttp://www.lenajapon.com/about_index

みんなでおちゃっと。(お茶をのみながら、ワイワイおしゃべり)40分    

 

【参加費】

2000

http://www.lenajapon.com/reikoikikata
この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)
私は髪を30年以上美容院で洗ってもらっている、と言ったら、贅沢だといわれた。この習慣は20代から続いている。学生時代はアルバイトをしてでもシャンプー代を稼いだ。なぜ、美容院なのか。それはわたしの髪質に因るものが大きかった。若い頃はそれはそれは量が多く、しかも一本一本が太い。流行の髪形にしたくても自分ではどうしようもなかったからだ。

もうひとつの理由は髪がきまっているとそれだけで美しいので、ノーメイクでいられたからだ。結婚して子供ができてからは、ますますメイクの時間がなくなったので、口紅だけで、仕事場にいけるのはとても便利だった。贅沢だといわれ続けたが、利点も多かった。髪を洗ってもらっている時間にミニ昼寝。そして、乾かしてもらっている時間に雑誌を読みながら、コピーライターとして時代や市場のリサーチ。ときには隣の女性が話していることを聞きながら、心理分析。そして、昼ごはん代わりのおにぎりをほおばるなどなど。会社の昼休みや、出社前に行けば、1時間をフル活用できる。体力回復、情報収集、昼食とシャンプータイムはワーキングマザーにとってスーパーリッチな自分時間だった。

財布の大きさは限られていたので、化粧品代はシャンプー代になり、昼食もおにぎりですませることが多かった。ワンポイント贅沢だ。何か自分が本当に欲するものに時間とお金を費やすと満足度だけでなく、幸せ度も高くなる。何もかも、なんて、所詮、無理なのだから、そんな欲張りはしない。

今の超贅沢は1000円のストッキング。もちろんストッキングの値段はピンキリで、1足5000円以上する外国製のものもある。ちょっと引っかけただけで、電線が入り、使えなくなるから、はいた瞬間電線しようものなら、かなり頭にくる。だから、パンツスーツの時は2足500円から300円のもの。ビシとスーツで決めたいときは1000円のものと使い分ける。お気に入りはGIVENCHYとLANVIN。どちらもライセンスもので、製造元はグンゼやナイガイという専門メーカー。LANVINはつるっとしていて、はく時の滑らかさが抜群。 GIVENCHYは生地が薄いので、透明感があり、ちょっと色っぽい大人の足にみえる。特に正装のとき足元を決めるにはもってこいだ。

時間とお金は使い方次第で、贅沢気分になれる。それって、すこぶる幸せかもしれない。

この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

プロフィール

蟹瀬 令子

かにせ れいこ

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

カテゴリ