2010年10月アーカイブ

 

DSC03742.JPG クリームチーズをふんだんにつかったチーズケーキを焼き始めたのは子供が保育園に入ったころだから、もう30年以上前のことになる。会社から戻り、子供が寝静まってから、秋のバザー用にチーズケーキを20台焼いたこともあった。数を作れば、材料をハカリにかけることもなく、オーブンの時間をみるまでもなく、勘で焼けるようになる。これって、どんなことにも通じているみたいね。で、久々に懐かしのチーズケーキを焼いてみた。外は台風だし、ちょうどよいリクリエーションにもなった。

焼き方は簡単。だれでもOK.

 

  材料

クリームチーズ2箱

卵4個

砂糖100グラム

生クリーム少々

サワークリームひと瓶

 

DSC03744.JPG ①サイズ30センチの型に クッキングペーパーを敷く

   

 

 

 

 

 

DSC03745.JPG ②クリームチーズは室温にもどしておく。オーブンを180度になるよう予熱しておく。

③チーズ、卵、砂糖を泡だて器で混ぜる。

  順番はまずクリームチーズを滑らかにし、卵を混ぜ、そこに砂糖を入れて、さらに混ぜる。

最後の生クリーム少々(なくてもよい)、バニラエッセンスを数滴入れて、型に流し込む。

 ④ 180-190度で20分ほど焼いた後、

すこしさまして、サワークリーム(砂糖少々くわえた

DSC03747.JPGもの) を焼けたケーキの上に伸ばし、さらに7-8分焼く。

後は冷蔵庫でよく冷やしてから、食べる前に生クリームをかけると さらに濃厚になり、おいしい。

食欲の秋に、カニママンのチーズケーキの味、ぜひ、おためしくださいな。

 

 

 

DSC03752.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC03753.JPG

 

 
この記事のURL / コメント(0) / トラックバック(0)

プロフィール

蟹瀬 令子

かにせ れいこ

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

カテゴリ